『まんが訳 酒呑童子絵巻』(筑摩書房)

源頼光・安倍晴明と酒呑童子一党の戦い……

本書は「酒呑童子絵巻」などの絵巻物を現代漫画の手法で

現代の私たちにも読みやすく再構成したものです。

『まんが訳』はただ絵をコマにわけてセリフをつけただけではなく、

読者の視線の誘導、ページをめくった際のつかみのコマなど絵巻から本へ適した構成の変換が必要となります。

巻末では「鳥獣人物戯画」などの絵巻物が漫画やアニメの起源であるという説を明快に解説しつつ批判しております。

この部分だけでも必読。