『でたらめの科学』 朝日新書

出鱈目(デタラメ)」と言うと、およそ悪い意味でしか使わない言葉ですが、世の中広いもので「でたらめ」が求められる分野があるようです。より「高品質(?)のデタラメさ」を追求する科学者たち。そして、その「デタラメさ加減」が、現代の社会と生活を支えているという事実。不思議な世界を覗いて見れます。