『日本語は哲学する言語である』小浜逸郎(徳間書店)

本書は、西洋哲学を単に日本語で説明するというものではなく、あるいは、日本語で語ることの優位性を説明するというものではなく、日本語そのものに哲学的な命題(と答えのヒント)が内在していることを説明しています。日本語を母語としている人が真理を追求するために必読の一冊と言えます。一階売り場の哲学書の棚にございます。