『大宮氷川神社と氷川女體神社』(さきたま出版会)

二つの氷川神社の、現在の歴然たる差は、一つには明治維新という歴史の荒波に直接的に影響された大宮氷川神社とあまり影響されなかった氷川女體神社という点によって発生したのが大きかったと考えている。つまり、為政者の歴史や思惑が知名度や神社事態の評価を変えていったということになる。(はじめにより)

『大宮氷川神社と氷川女體神社』

野尻靖/著
出版社名 さきたま出版会
出版年月 2020年4月
ISBNコード 978-4-87891-471-3
税込価格 1,650円

e-honのページへ