ロジャー・ペンローズの量子脳理論

今年、イギリスの物理学者ロジャー・ペンローズがノーベル物理学賞を受賞しました。
受賞の理由は「ブラックホールの形成が一般相対性理論の強力な裏付けであることの発見」です。
宇宙論において華々しい業績をあげてきたペンローズの受賞は当然といえるかもしれません。

そしてペンローズのもう一つの研究に「量子脳理論」があります。
この研究が進めば、宇宙・量子・人間の心の謎が一挙解決するかもしれないのだそうです。

ところで、アインシュタインのノーベル賞の受賞理由は受賞理由は「光電効果の法則の発見」。結局、「相対性理論」で受賞することはありませんでした。
それを知った時「え? アインシュタインって相対性理論でノーベル賞を受賞したんじゃないの?」と思いました。

後年、「量子脳理論」の研究が進み、理論が確立していったら、
「え? ペンローズって量子脳理論でノーベル賞を受賞したんじゃないの?」なんてことになるかもしれませんね。